記事IDK20110710M206X0030
写真1
文字数417
掲載日2011年07月10日 0 0
媒体本紙(朝刊)


東日本大震災/AKB48ライブ/宮城・南三陸町
目輝かす少女「将来は私も」

 南三陸町志津川のスポーツ交流村で9日、人気アイドルグループAKB48、SKE48、NMB48の6人がミニライブと握手会を開き、被災者を激励した。
 メンバーの板野友美さん、高城亜樹さんらが町民約400人を前に「ヘビーローテーション」など4曲を披露。6人は「私たちもステージを通して全力で支援し、復興した南三陸町でライブを開きたい」と励ました。
 志津川小3年渡辺幼菜さん(8)は「歌が聞けて、とてもうれしかった。大きくなったらAKB48に入りたい」と目を輝かせた。
 メンバーは同町歌津の老人保健施設を慰問したほか、志津川高でもミニライブを行った。
 AKB48が東北の被災地を訪れたのは、岩手県大槌町、宮古市に続き3回目。

【カラー写真】ミニライブを披露したAKB48のメンバーら=9日午後、南三陸町志津川のスポーツ交流村

用語解説
 宮城  老人保健施設  宮古市